2020年01月02日

選手権まで1日・大橋 怜果

6F3B86CF-3A05-4695-B653-07B6895FE2D0.jpeg
三奈から、冷静沈着、頭脳明晰、ちょっとお茶目な我らがキャプテンと紹介で褒めてもらい新年早々happy気分の大橋怜果です。ですが、紹介とは裏腹に内心めちゃくちゃ焦ってます、頭固いです、可愛さはないですがいたずらは好きです。(笑)


とうとう自分の番が来てしまいました。カウントダウンブログの最後を飾らせていただきます。
※長くなってしまいましたがご了承下さい平謝り‍♂️


中学1年生の頃、偶然福井高校女子サッカー部と練習試合をする機会があり、それをきっかけに高校サッカーに憧れ、そしていつか福井高校女子サッカー部の1人として全国の舞台に立ちたいという思いが生まれました。あの時、福井高校女子サッカー部に出会って変わっていなければここまでサッカーを好きになれていなかったし、大切な仲間にもとても濃い時間にも出会うことはできませんでした。入学する前から福井高校女子サッカー部は自分の憧れであり、自分を変えてくれる存在です。

1年生の頃はとにかく先輩方に付いていこうと毎日必死でした。ONでもOFFでも上手くいかず、たくさん叱られ、そのたびにみんなで沢山話し合い、時には深夜に屋上に集まって涙を流す日もありました。福井での生活に慣れてきた4月には対人中の接触で転倒して左手首を骨折して手術をし、通院とリハビリを約2ヶ月間繰り返してやっと復帰でき、遅れを取り戻そうと必死で練習し、念願のメンバー入りしたインターハイ開幕2日前の練習で先輩の強烈なシュートが同じ箇所にピンポイントで直撃したことで再び左手首を骨折し、悔しさや絶望感でいっぱいでした。手首がもろいと紹介されたのはこの出来事があったからです(笑)
正直辛いことばかりの1年間でしたが、それでも踏ん張ってこれたのは多くの方の支えがあったからです。選手権では全試合スタメンで出場させていただき、初めての全国の舞台は今までと比べ物にならないくらい緊張して何もできなくて、けど楽しくて、大好きな先輩方とベスト4になれた喜びは一生忘れません。そして、自分を犠牲にしてでも1年間自分たちと真剣に向き合ってくれた3年生には心から感謝しています。

2年生の頃は1番サッカーに集中できた1年間だったと思います。1試合の中でボランチ、トップ下、トップ、サイドと4つのポジションを務めることもありました。そのため、それぞれに柔軟に対応することができず、サッカーで悩む事が増え、その度に先輩方からアドバイスをもらい、少しでもチームに貢献できる選手となれるよう毎日取り組んできました。皇后杯北信越大会では怪我人が出ながらも優勝することができ、お母さんに最高の誕生日プレゼントをあげれて嬉しかったです。1年間こんなにもサッカーに集中することができたのは去年の3年生がチームの雰囲気を常に明るく盛り上げ、チームのことを真剣に考えてくれていたおかげだと思います。

そしてキャプテンに任命され、新チームが始まりました。全くキャプテンらしい要素がない自分だけど、チームにしてあげられることを全てやろう、ラスト1年やりきろうと覚悟を決めましたが、去年・一昨年を超える日本一にふさわしいチームを作っていけるかという不安でいっぱいでした。
1年生が入学してくる前、2・3年生でチームの土台を作るためにONでは基礎から見直して徹底して取り組み、OFFでは部荷物を全員でするなどチームのルールを変え、みんなでチームを作ってきました。バレンタインカップでは優勝することができ、いいスタートを切ることができました。そして1年生23人が加わり、チームにより活気が生まれ、メンバー争いも激しくなりました。
しかし、現実はそんなにうまくいくはずがありません。数々の遠征、インターハイや皇后杯、国体でも、1年間思うような結果を出せず、自分がキャプテンじゃなければ、自分はなにを努力して来たんだろうと悔しくて辛くて涙が止まらなくてもうだめなのかなと部屋に引きこもる日もありました。また、今年は大きくはないけれど怪我にも悩まされ、思い通りにプレーできずチームの足を引っ張り、申し訳なさと焦りと不安でいっぱいで苦しかったです。それでもみんなの笑顔や頑張っている姿を見れば自然と力が湧いてきてまだまだ自分にやれることがあるはずと、現実でも時には夢の中でもみんなに励まされました。1番辛かった時期にある人から「怜果が後悔しないでほしい」と声をかけてもらいました。この言葉は見失いかけていた日本一の目標を思い出させ、再び自分を奮い起こしてくれました。
後悔しないためにできることをやる、その思いで選手権北信越大会に向け毎日努力してきました。
しかし、選手権北信越大会でも開志に敗れ優勝を逃し後がない状況で迎えた三位決定戦。なにがなんでも勝って全国に行きたい、まだみんなとサッカーしたい、でも正直負けたらどうしようと不安ばかりでした。試合当日は自分のミスから緊迫した試合展開になりながらも凌いで勝ち切ることができました。ピッチに立つ選手だけでなく、ベンチ、スタンドも含め全員が一丸となって闘った結果だと思います。これほどまで仲間が頼もしいと思ったことはありません。全国大会出場が決まり、今までの努力が報われた気がして本当に嬉しかったです。そしてみんなの最高の笑顔は忘れられません。

自分たちがここまでやってこれたのは先生、仲間、家族、多くの支えがあったからです。まだまだキャプテンとしても人としても未熟で、選手としてもチームを引っ張っていけるほどの技術もなく、劣っているところばかりな自分ですが、このチームが好きなこと、このチームで日本一になりたい気持ちだけは誰にも負けません。別に自分が活躍しなくていい、ただチームのために最後までキャプテンとして自分にできることをやり遂げたいと思います。


1、2年生へ
たくさん怒って辛い時もあったと思うけど、素直に受け止めて毎日真剣に取り組んでくれてありがとう。
みんなの笑顔にいつも励まされ、みんなの真剣に取り組む姿にもっと頑張らないとって思わされます。
怜果さんがキャプテンで良かったと言ってくれる子もいてめっちゃ嬉しかったし、謙虚で可愛くて本当にいい子ばかりです。こんな3年生についてきてくれてありがとう。これからもその謙虚さとうるさいくらいの明るさを忘れずにね!
2年生にとっては辛い1年だったと思う。今までの努力が信じられない時もあったよね。だけどもし2年生がいなかったら今のチームは成り立たないよ!試合に出るのが全てじゃない。今までもこれからもチームのために努力できる2年生ならもっともっと強くなれる!自信持ってね!


3年生へ
3年間本当にありがとう。振り返ってみればあっという間の3年間だったなって思います。自分が辛い時を乗り越えてこれたのも、こんなにサッカーが好きになれたのも3年生のおかげです。みんなそれぞれ思いが強くて、けど言葉にするのは不器用で、本当にサッカー上手くて、試合になると頼もしくて、一緒にいると楽しくて、そんなみんなと同じ学年で本当に良かった。キャプテンを辞めたい、正直そんな時期もあったけど、今はこんな最高なチームのキャプテンであることを誇りに思います。たくさん衝突もあったけど、キャプテンで良かった、そう思わせてくれたのはみんなのおかげです。天珠、大城、桃井の分まで、自分たちならできる、仲間信じて頑張ろう!


副キャプテンの2人へ
2人にはいつも言えないけどすっごく感謝してます。誰かに相談することが苦手で1人で考え込むことが多い自分を2人の方から相談に乗ってくれて一緒に考えてくれてありがとう。試合にあまり出れていなくて副キャプテンなのにっていう思いが辛く苦しかったと思う。それでも頑張ってる2人がいたから自分も頑張ろうって思てたよ。ときどき自分から距離置いたり、時にはいらいらをぶつけてしまったり、本当にごめんね。
自分がキャプテンを続けれたのも2人のおかげです。2人が副キャプテンでよかった!最後まで頑張ろう。


久保先生へ
3年間本当にありがとうございました。どんな時もチームのことを1番に考えてくださり、私たちを正しい方向に向かわせてくれました。先生の一言一言や考え方、テクニックにいつも刺激を受け、自分を見直すきっかけになっています。先生からサッカーだけでなく、人間性も学び成長することができたと思います。
今年は先生がいつもおっしゃる精神的な面で弱さが出て悔しい思いを沢山し、先生にも沢山悔しい思いをさせてしまいました。この大会で1年間の悔しさ全てぶつけて、先生のおかげで成長したチームの姿を見せたいと思います。こんなにチームに懸けてくださっている先生を日本一にして嬉し泣きしてもらえるよう頑張るので、最後までよろしくお願いします。


さやかさんへ
3年間本当にありがとうございました。サッカーのアドバイスだったり、チームについての悩みを聞いてくださったりしてたくさん助けてもらいました。また、今年は朝練にも毎回来てくださり、さやかさんとプレーする機会が増え嬉しかったし、実際に見て多くのことを学ばせてもらいました。人としても選手としてもさやかさんは憧れの存在です。
先生の前でもですが、さやかさんの前でもたくさん泣いてしまいました。さやかさんの言葉であの時を乗り越えたから今こうして選手権を迎えることができます。後悔しないように自分にできることを最後までやってこのチームでできるサッカーを楽しみたいと思います!


みおさんへ
1年間という短い間でしたが、本当にありがとうございました。初任にも関わらず、女子サッカー部の顧問を任され、辛い時もあったと思います。それでも私たちの前ではいつも優しく笑顔で振る舞って、チームを支えてくれました。努力してきたのはみおさんも同じです。みおさんの思いも背負って全力でプレーします。
みおさんが女子サッカー部の顧問でよかったです!


家族へ
いつも本当にありがとう。3年間すっごく濃くて、楽しくて、けどもちろん辛いこともたくさんあって、振り返ってみれば辛い時はいつも家族が支えてくれていたなって思います。
今年は思うような結果を出せなくて、自分はチームに必要ない、歴代最低のキャプテンだって辛くて悔しくてもう何もかもがうまくいかなくて何日も電話で大号泣してた時もあったね。あの時、ずっと励ましてくれてありがとう。あそこでもし諦めていたら絶対後悔してたと思う。全国出場を決めた三位決定戦で勝った時、みんな揃って嬉し泣きしちゃったけど笑顔が見れて本当に嬉しかった。
いっぱい弱音吐いて心配かけてしまってごめんね。家族なんだから心配かけなさいって言ってくれてすっごく心強かった。
3年間本当にいろんなことがあったけど、ラスト1年キャプテンをさせてもらえてよかった、福井高校女子サッカー部に来てよかった、心の底からそう思えるのもみんなのおかげです。こんな経験をさせてくれてありがとう。やりたいことやらせてくれてありがとう。
自分の、チームの成長した姿を見せれるように、3年間の集大成、やりきってきます。だから最後まで応援お願いします!



選手権まであと『1』日
ついに明日、選手権が開幕します。
沢山の人に支えられ、辛い思い悔しい思いも沢山してきた3年間。みんなとだからここまで来れました。
本当にみんなに出会えてよかった。
このチームが、このチームでできるサッカーが大好きです!1秒でも長く一緒にプレーしたいです!
このチーム最初で最後の最大の挑戦。福井family全員で1つになって日本一取りに行きましょう!!
せーの、よし!!!


必ず恩返しをするので最後まで福井高校女子サッカー部の応援よろしくお願いします!
posted by fukuihs at 06:23 | Comment(1) | スタッフブログ

◎ この記事へのコメント

明けましておめでとうございます。
今回もカウントダウンブログ楽しませてもらいました。毎年皆さんの熱い想いに感動しています。

いよいよ本番ですね。必死に努力してきた時間は決して無駄にはなりません。
意外と自分が思っている以上に、その努力は身についているものだと思います。
最後まで自分がやってきた努力と、共に成長してきた仲間を信じて闘って欲しいです。

今期最初で最後の全国大会を全力を尽くして、最高の結果が出れば良いですね。
そうなるように今年も札幌から応援しています。
3年生、全国大会出場に誇りを持って、高校サッカーを最後まで楽しんで下さい。
Posted by 札幌市在住元サッカー少年 at 2020年01月02日 10:55

◎ コメントを書く

お名前:[必須入力]

メールアドレス:[必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:[必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
 

福女サッカー部ブログ

<< 2020年03月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最近の記事
最近のコメント
第19期キャプテン・副キャプテン挨拶 by 札幌市在住元サッカー少年 (01/09)
全国高校選手権2回戦・結果 by うえで (01/04)
全国高校選手権2回戦・結果 by 札幌市在住元サッカー少年 (01/04)
第28回全日本高校女子サッカー選手権一回戦・結果 by うえで (01/03)
第28回全日本高校女子サッカー選手権一回戦・結果 by 札幌市在住元サッカー少年 (01/03)
カテゴリ
過去ログ